SBギフト利用規約

第1条(総則)

本規約は、SBギフト株式会社(以下「当社」といいます。)が運営する「SBギフトサービス」に関し、当社と「SBギフトサービス」を利用する全ての方(以下「利用者」といいます。)との取引条件を定めるものです。利用者は、本規約を承諾した上で、「SBギフトサービス」を利用するものとします。

第2条(定義)

本規約に使用する語句の定義は、以下のとおりとします。
(1)「本サービス」とは、利用者が加盟店において指定商品を購入しまたはその提供を受ける際に、当社が提供する電子クーポンまたは復興支援ソフトバンク商品券を代金支払方法として用いることができるサービス「SBギフトサービス」をいいます。
(2)「電子クーポン」とは、当社が発行する電子的記録であって、加盟店で指定商品を購入しまたはその提供を受ける際に、代金支払方法として用いることができるものをいいます。
(3)「復興支援ソフトバンク商品券」とは、当社が資金決済に関する法律に基づき、電磁的記録または紙券によって発行する前払式支払手段をいいます。
(4)「電子クーポン等」とは、電子クーポンと復興支援ソフトバンク商品券をいいます。
(5)「電子クーポン等URL」とは、利用者が自己の携帯電話端末等に電子クーポン等を表示するために必要となるURLをいいます。
(6)「加盟店」とは、電子クーポン等を利用することができる店舗(これにはインターネット上の通信販売サイトを含みます。)として、当社が指定するものをいいます。
(7)「指定商品」とは、当社が指定する商品・役務であり、利用者が加盟店において電子クーポンを代金支払方法として用いることができるものをいいます。
(8)「会員向けサービス」とは、当社が当社の会員として登録した利用者に対して、電子クーポン等の購入履歴の管理その他のサービスを提供するサービスをいいます。
(9)「会員」とは、会員向けサービスを利用するために当社に登録した利用者をいいます。

第3条(電子クーポン等の使用について)

当社は、電子クーポン等に有効期限を定め、これを電子クーポン等の券面・画面等に記載・表示します。
利用者は、前項の有効期限内に限り、電子クーポン等を使用することができます。有効期限経過後は、電子クーポン等を使用することができませんので、必ず有効期限をご確認ください。
電子クーポン等は、一つの電子クーポン等につき、一回限り使用することができます。
その他電子クーポン等の使用方法について、それぞれ本規約別紙に定める「電子クーポンの使用について」、「復興支援ソフトバンク商品券の使用について」をご覧ください。

第4条(電子クーポン等の購入等)

利用者は、当社が提示する電子クーポン等の代金、加盟店、有効期限その他の電子クーポン等の購入条件および加盟店での利用方法、商品の内容その他の商品提供条件(以下、「取引条件」といいます。)に同意の上、当社所定の方法により、当社に対して電子クーポン等の購入を申込みます。なお、電子クーポン等の代金は、加盟店における指定商品の一般販売価格とは一致しない場合があります。
利用者は、前項の電子クーポン等の購入申込み時に、当社の定める方法により、当社に対して、電子クーポン等の代金を支払います。
当社は、前項の代金支払いが完了したことを確認した後、第1項に定める購入の申込みを承諾した場合には、電子クーポン等の売買契約が成立したものとして、利用者の指定する電子メールアドレスに送信する方法その他の方法で電子クーポン等URLを通知することにより、電子クーポン等を発行します。
当社が前項に従い電子クーポン等URLの通知を完了した時点で、電子クーポン等の発行は完了したものとみなします。この時点より、利用者または利用者が指定した者が電子クーポン等の保管管理責任を負い、当社は有効期限内に電子クーポン等が使用されなかったことに関し、責任を負いません。ただし、当社の責めに帰すべき事由がある場合はこの限りではありません。

第5条(電子クーポン等の購入等に対する申込の撤回等)

利用者は、前条(電子クーポン等の購入等)第3項により当社が承諾した後は、電子クーポン等の購入の申込みを撤回できないものとします。
当社は、以下の事由に該当する場合には、電子クーポン等の売買契約を解除できるものとします。また、当社は売買契約を解除した電子クーポン等を使用できないよう必要な措置を講じることができます。
(1)当社所定の期日までに、利用者から電子クーポン等の代金の支払がなかった場合
(2)利用者が本規約に違反したことがあると当社が認めた場合
(3)その他当社が必要と認めた場合
前項に基づいて、当社が解除する場合、返金等にかかる諸費用および当社の別途定める手数料を利用者が負担するものとします。

第6条(電子クーポン等の払戻し)

当社は、利用者が第4条(電子クーポン等の購入等)第2項の支払い手続きを完了した後、利用者へ原則として代金の払戻しは行わないものとします。ただし、復興支援ソフトバンク商品券については、例外的に払戻しに応じる場合がありますので、本規約別紙「復興支援ソフトバンク商品券の使用について」をご確認ください。

第7条(電子クーポン等の譲渡)

第4条(電子クーポン等の購入等)第3項により、電子クーポン等の発行を受けた利用者または利用者から指定を受けた者は、電子クーポン等URLを記載した電子メールを転送する方法または当社所定の方法により、第三者に電子クーポン等を譲渡することができます。
前項に基づく電子クーポン等の譲渡は、譲渡人および譲受人の責任を以って行われるものとし、電子クーポン等の譲渡により、発生した損害(電子クーポン等の利用、不利用に関する事実も含みます。)について当社は、いかなる事由に基づく場合であれ、一切の責任を負いません。

第8条(禁止行為)

利用者は、以下に定める行為を行ってはならないものとします。
(1)他の利用者、当社、若しくは第三者の権利を害する行為、または害するおそれのある行為
(2)公序良俗に違反する行為、またはそのおそれのある行為
(3)法令に違反する行為、またはそのおそれのある行為
(4)当社の承諾なく、提供コンテンツ(第13条第1項において定義します。)を複製・送信・改変し、第三者に利用させ、または第三者に譲渡・貸与する行為
(5)本サービスを通じて、若しくは本サービスに関連して、営利を目的とする行為、またはその準備を目的とした行為
(6)コンピューターウィルス等有害なプログラムを、本サービスを通じて、若しくは本サービスに関連して使用または頒布する行為
(7)当社のサイト上の情報を改ざんする行為
(8)当社のシステムに過大な負担をかける行為
(9)その他当社が禁じる行為

第9条(通信費)

利用者は、本サービスを利用する際に必要となる携帯電話のパケット料金・インターネット接続料金その他一切の通信費を負担するものとします。

第10条(本サービスの中断・停止)

当社は、次の事由が生じた場合には、利用者への事前の通知、承諾なく、本サービスの提供を中断または停止できるものとします。
(1)本サービス提供のための装置、システム等の保守または工事のために必要なとき
(2)本サービス提供のための装置、システム等の障害が発生したとき
(3)本サービスを提供するために当社または利用者が利用する電気通信事業者の電気通信サービスに支障が発生したとき
(4)アクセスの増加等により、システムの容量を超える利用がなされたとき
(5)セキュリティに問題が生じたとき
(6)その他、運用上若しくは技術上、当社が本サービスの一時中断または停止が必要であると判断したとき
当社は、いかなる理由によって本サービスの提供の遅延、または中断等が発生した場合でも、利用者が被った損害について一切の責任を負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。

第11条(利用者の責任)

利用者が、本サービスの利用によって当社または第三者に対して損害を与えた場合、当該利用者は自己の責任と費用をもってこれを解決するものとします。利用者が、本規約に違反した行為、または違法な行為によって当社に損害を与えた場合、当社は当該利用者に対して、損害賠償の請求ができるものとします。

第12条(当社の損害賠償責任)

当社は、当社の責めに帰すべき事由により利用者が電子クーポン等を使用できないことが判明した場合、使用できなかった電子クーポン等と同種、同額、同数の電子クーポン等を当社の責任と費用で利用者または利用者が指定した者に対して再発行する方法により、利用者に生じた不利益を填補します。
前項に定める場合を除き、当社は、当社の故意または重過失により利用者に損害が生じた場合に限り、その損害について損害賠償責任を負うものとします。
前項の利用者に対する損害賠償責任は、過去1年間の間に、当社が、損害を被った利用者から受領した電子クーポン等の代金または利用者が利用した電子クーポン等の総額を上限とします。
第1項の場合を除き、当社は、本サービスの提供に関して、いかなる責任も負わないものとします。

第13条(当社の責任)

当社は、利用者に対し、当社が本サービスに関連して利用者に提供する、文章、音、画像、映像、ソフトウェア等の情報(以下、総称して「提供コンテンツ」といいます。)について、その完全性・正確性・適用性等一切の保証もいたしません。
当社は、利用者が提供コンテンツにより被った損害について、一切の責任を負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。

第14条(著作権等)

本サービスにおける提供コンテンツの著作権その他の知的財産権(以下「著作権等」といいます。)は、当社または著作権等を所有する第三者に帰属するものとします。利用者は、提供コンテンツを当社または著作権等を所有する第三者の許諾を得ることなく使用することはできません。

第15条(会員向けサービス)

会員向けサービスを利用するには、会員向けサービスへの会員登録が必要となります。
会員登録を申し込む者が未成年の場合は、事前に親権者の同意を得て登録するものとします。
会員は、申込時の登録事項に変更があった場合、直ちにその旨を当社に通知するものとします。
会員は、当社所定の方法で申し出る事により、いつでも会員登録を抹消し退会する事ができるものとします。
会員登録の申込等、会員資格を得るための手続および退会手続については、別途定めるものとします。

第16条(会員情報の取扱い)

当社は、会員が会員登録の際に当社に届け出た会員の個人情報を、当社が別に定める「個人情報保護方針」に従って適切に取り扱うものとします。
利用者は、個人情報保護方針の内容に同意の上、会員登録を行い、本サービスを利用するものとします。

第17条(会員認証情報)

会員は、会員登録の際、当社に対して、会員が本サービスの提供を受ける際に必要な電子メールアドレスおよびパスワード等の認証情報(以下「会員認証情報」といいます。)を届け出るものとします。
当社は、会員に対し、会員認証情報について、次の行為を行うことを禁止します。次の行為が行われ、または行われるおそれがあると当社が判断した場合、当社は事前の連絡なく会員の登録を抹消する場合があります。また、次の行為による本サービスの利用は、会員認証情報の発行を受けた会員による行為とみなし、当該会員は全ての責任を負うものとします。
(1)会員認証情報を第三者へ開示、または第三者に利用させる行為
(2)会員認証情報を複数名で共有する行為
(3)会員認証情報の譲渡、貸与、名義変更、売買、質入れ等の一切の処分行為
(4)会員認証情報に関する登録代行
(5)その他会員認証情報を不正に使用する行為
会員は、会員認証情報を自己の責任において厳重に管理しなければならないものとします。万一、会員認証情報が不正に利用された場合、これに基づき生じた利用料金および当社または第三者に生じた損害等は全てその会員認証情報を保有する会員が負担するものとします。
会員は、会員認証情報が不正に利用されていることを知った場合には、直ちに当社にその旨の連絡をするものとします。
会員は、会員認証情報を紛失された場合は会員向けサービスのご利用が出来ないことがございます。

第18条(会員資格の停止)

当社は、以下の事由のある場合、会員資格を停止し、または抹消することができるものとします。
(1)会員が実在しない場合
(2)登録事項について虚偽の事実が判明したとき
(3)商品代金の支払を怠ったとき
(4)第8条(禁止行為)その他本規約に違反したとき
(5)会員登録後、180日以内に会員向けサービスを利用しなかったとき
(6)過去1年間、会員向けサービスを利用しなかったとき
(7)信用状況が悪化し、またはそのおそれがあると認められる場合
(8)その他、当社が会員として不適切と判断したとき

第19条(合意管轄)

本規約に関する準拠法は日本法とし、本サービスについて紛争が生じた場合、東京地方裁判所および福岡地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第20条(本規約の変更)

当社は、利用者に事前に通知することなく、本規約を変更することができるものとします。
当社が本規約を変更した場合、本サイト上において変更後の規約を閲覧可能にするものとします。
当社が変更後の本規約を閲覧可能とした後に、利用者が本サービスを利用した場合は、利用者は変更後の本規約に同意したものとみなします。

【電子クーポンの使用について】

第1条(加盟店、指定商品および有効期限)

電子クーポンは、電子クーポンまたは電子クーポンの購入手続において当社が指定した加盟店で使用することができます。
指定商品は、電子クーポンに記載・表示されている特定の商品またはサービスです。
電子クーポンの有効期限は、電子クーポンの券面画面等に記載・表示されています。有効期限を経過すると、電子クーポンを使用することができませんので、ご注意ください。

第2条(電子クーポンの使用方法)

利用者は、加盟店において、指定商品の販売または提供を受ける際、当社所定の方法により、電子クーポンを提示、通知することで、その利用を申し込みます。
加盟店は、当社所定の方法により、利用者が提示、通知した電子クーポンが真正かつ有効であることを確認した場合に、前項の申込みを承諾し、利用者または利用者の指定する者に対して、取引条件に従い、指定商品を提供します。
利用者が、自身以外の第三者に指定商品を提供するよう指定する場合には、当該第三者への通知、承諾は、利用者が責任を以って行い、当社は一切の責任を負いません。
当社および加盟店は、電子クーポン等URLによって当社サーバー上の電磁的記録にアクセスした者を、電子クーポンの使用につき正当な権利を有する者とみなします。これ以外の者は、当社および加盟店が本項前段に定める者に対して指定商品の提供を行ったことについて、一切の異議を申し出ることはできません。
一度使用された電子クーポンは、再度使用することはできません。

第3条(電子クーポン使用の取消・撤回)

利用者は、電子クーポンの使用を加盟店が承諾した後は、電子クーポン使用の申込みを取消または撤回できません。
当社は、以下の事由に該当する場合には、加盟店において、電子クーポンの使用を取り消すことができるものとします。
(1)利用者が本規約に違反し、または過去に違反したことがあると当社が判断した場合
(2)その他当社が必要と認めた場合

第4条(指定商品に関する免責)

指定商品の販売または提供に関する契約は、利用者と加盟店との間で成立します。
利用者は、指定商品または指定商品の提供方法に瑕疵があった場合、指定商品の引渡しが遅延した場合等、指定商品に関するトラブルについては、全て加盟店との間で解決し、当社は指定商品に関して、利用者に対し、何ら責任を負いません。
当社は、利用者が本規約に違反したことにより被った損害について一切責任を負いません。
当社は、利用者と加盟店との間の紛争には、一切責任を負いません。

第5条(個人情報の取り扱い)

当社は、有効期限の通知その他の目的で、利用者に利用者の情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)を提供していただく場合があります。
当社は、指定商品の配送等のために、利用者に関する情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)を、加盟店に提供することがあります。
前2項に基づき当社が取得する情報および加盟店に提供する情報、当社および加盟店の情報利用目的、情報を提供する加盟店を当社の「個人情報保護方針」に定めます。当社および加盟店は、取得または提供を受けた情報を、「個人情報保護方針」に従って適切に取り扱います。

【復興支援ソフトバンク商品券の使用について】

第1条(加盟店および有効期限)

復興支援ソフトバンク商品券は、当社のサイト上で当社が指定した加盟店で使用することができます。
復興支援ソフトバンク商品券の有効期限は、復興支援ソフトバンク商品券の券面に記載されています。有効期限を経過すると、復興支援ソフトバンク商品券を使用することができませんので、ご注意ください。

第2条(復興支援ソフトバンク商品券の払戻しについて)

当社は、原則として復興支援ソフトバンク商品券の払戻しを行いません。
前項の定めにかかわらず、当社は、資金決済に関する法律によって、当社に払戻義務がある場合または払戻しを認められている場合には、復興支援ソフトバンク商品券の払戻しを行うことがあります。
前項に基づき、利用者が復興支援ソフトバンク商品券の払戻しを申し出る場合、以下の連絡先までご連絡ください。
【SBギフトカスタマーサービス】
電話番号:0120-225-663

第3条(復興支援ソフトバンク商品券の使用方法)

利用者は、加盟店における商品の購入手続の際、当社所定の方法により、復興支援ソフトバンク商品券を提示、通知することで、復興支援ソフトバンク商品券の使用を申し込みます。
加盟店は、当社所定の方法により、利用者が提示、通知した復興支援ソフトバンク商品券が真正かつ有効であることを確認した場合に、前項の申込みを承諾し、利用者または利用者の指定する者に対して、取引条件に従い、商品を提供します。
利用者が、自身以外の第三者に商品を提供するよう指定する場合には、当該第三者への通知、承諾は、利用者が責任を以って行い、当社は一切の責任を負いません。
当社および加盟店は、以下各号に定める者を、復興支援ソフトバンク商品券の使用につき正当な権利を有するものとみなします。これ以外の者は、当社および加盟店が本項前段に定める者に対して指定商品の提供を行ったことについて、一切の異議を申し出ることはできません。
(1)電磁的記録によって発行した復興支援ソフトバンク商品券について、当社が通知したURLにより当社サーバー上の電磁的記録にアクセスした者
(2)紙券によって発行した復興支援ソフトバンク商品券について、当該真正かつ有効な復興支援ソフトバンク商品券の券面を持参、提示した者
一度使用された復興支援ソフトバンク商品券は、再度使用することはできません。

第4条(復興支援ソフトバンク商品券使用の取消・撤回)

利用者は、復興支援ソフトバンク商品券の使用を加盟店が承諾した後は、復興支援ソフトバンク商品券使用の申込みを取消または撤回できません。
当社は、以下の事由に該当する場合には、加盟店において、復興支援ソフトバンク商品券の使用を取り消すことができるものとします。
(1)利用者が本規約に違反し、または過去に違反したことがあると当社が判断した場合
(2)その他当社が必要と認めた場合

第5条(商品に関する免責)

復興支援ソフトバンク商品券による商品販売に関する契約は、利用者と加盟店との間で成立します。
利用者は、商品または商品の提供方法に瑕疵があった場合、商品の引渡しが遅延した場合等、商品に関するトラブルについては、全て加盟店との間で解決し、当社は商品に関して、利用者に対し、何ら責任を負いません。
当社は、利用者が本規約に違反したことにより被った損害について一切責任を負いません。
当社は、利用者と加盟店との間の紛争には、一切責任を負いません。

第6条(個人情報の取り扱い)

当社は、有効期限の通知その他の目的で、利用者に利用者の情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)を提供していただく場合があります。
当社は、指定商品の配送等のために、利用者に関する情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)を、加盟店に提供することがあります。
前2項に基づき当社が取得する情報および加盟店に提供する情報、当社および加盟店の情報利用目的、情報を提供する加盟店を当社の「個人情報保護方針」に定めます。当社および加盟店は、取得または提供を受けた情報を、「個人情報保護方針」に従って適切に取り扱います。

メッセージカード利用規約

お客様は、商品を贈る際にメッセージカードのアップロード・投稿・送信を行うことができます。
ただし、投稿・送信した内容において、法令に反するもの、猥褻なもの、脅迫的なもの、名誉を毀損するもの、プライバシーを侵害するもの、知的財産権を侵害するもの、第三者を誹謗中傷するもの、不快感を与えるもの、あるいは、ソフトウェアウイルス、政治的主張、商業目的の勧誘などの行為は固く禁じます。

またメッセージカードの出所について、他者が制作したものを自分が作ったかのようにして投稿・送信するといった誤解を招く行為をする事は固く禁じます。
SBギフトでは、そのようなメッセージカードを削除または編集する権利を保有いたしますが、投稿されたメッセージカードの定期的な監視は行ないません。

お客様は、ご自分が投稿・送信されたメッセージカードに関するすべての権利を保有または管理すること、そのメッセージカードの内容が正確であること、提供したメッセージカードの使用がポリシーに反しないものであり、いかなる他人または組織をも傷つけるものではないこと、提供したメッセージカードに起因するすべての請求についてSBギフトに補償することを表明し、保証するものとします。

お客様がメッセージカードの投稿または送信を行った場合、
他の取り決めを当サイトで明示していない限り、
SBギフトに対して、メッセージカードの使用、複製、変更、翻案、公開、翻訳、二次著作物の作成、配布、あらゆるメディア形態で世界中に表示できる、非独占的な、無償の、永続的な、取り消し不可能な、完全な権利を許諾したものとみなします。

SBギフトは、メッセージカードを監視し編集または削除する権利を保有いたしますが、お客様または第三者から投稿されたいかなるメッセージカードに対しても、責任を負わず、編集・削除の義務が生じないものとします。

2008年6月2日制定
2008年11月4日改定
2009年1月29日改定
2010年1月16日改定
2012年4月13日改定
2013年7月1日改定
2013年10月1日改定
2015年10月20日改定